1Kの狭いお部屋を快適にする収納術!家具を最大限に利用しよう

1Kのお部屋は一人暮らし用に作られていて、必要最低限のスペースしかないことが多くあります。
そのため、使い勝手が悪く収納が少ないといった特徴があります。

そんな不便な1Kのお部屋から便利で快適なお部屋へと進化させる収納術をご紹介します。

ポイントは収納場所を増やすこと

1Kの部屋で問題になるのは収納場所が少ないという点です。
それを解決するにはスペースを作り、収納場所を確保するしかありません。
狭いお部屋の収納スペースを増やす方法をご紹介します。

家具は収納が大容量のものを選ぶ

1Kにはそもそも収納が少ないということも少なくありません。
必要最低限で生活していても、暮らしていくうちに荷物は増えていくものです。

そんな収納の悩みを解決するのは、絶対に必要な家具を収納力があるものを選ぶということです。
棚などの家具を新たに設置すると、部屋が狭くなり、かえってゴチャゴチャしてしまいます。
しかし、必要な家具に収納することができればその分の空間を有効に活用することができます。

ベッド

1Kのクローゼットは小さくて、衣類や寝具を収納するだけでいっぱいになってしまい、どんどん増えていく洋服のしまい場所に困ってしまう人も多いと思います。

そんな時におすすめなのがベッド下の収納です。
ベッド下に引き出しがついていて、衣類や書類、雑誌などをしまうことができます。
1段の引き出しのものから、2段、3段と大容量の収納付きのものがあるので、お部屋の収納力を考えて選びましょう。

テレビボード

一人暮らしで欠かせないのがテレビ。
そのテレビを設置するテレビボードも優秀な収納になります。
左右に引き出しが付いているタイプなどがあり、小物を収納するのに最適です。
ゴチャゴチャしてしまいがちなテレビの周りもスッキリとさせてくれます。

まとめ

1Kでは備え付けの収納に物足りなさを感じる人がほとんどだと思います。
しかし、せっかくの一人暮らしは快適なお部屋で過ごしたいものです。

そのために、収納術を使って、理想のお部屋に近づけてみましょう。
少しの工夫やアイテムをプラスすることで、簡単に収納は作れます。
お部屋や好みに合わせて、自分だけの素敵な空間を作ることがおすすめです。