【狭い賃貸のキッチン収納】場所を決めて賢く使おう!

賃貸のキッチンって、物件にもよりますが狭いですよね・・・

シンク下に収納はあるものの、排水管もあるので使い勝手が悪い。
そして食器棚のような棚は設置されていないことが多いのではないでしょうか。

と、なると自分で収納を考えなければならないのです。

「元々収納が苦手」、「どうやったら使い勝手のよい収納になるのかよく分からない」という方にとっては、入居当時からきちんと収納のことを考えておかなければあっという間にカオス状態になってしまいますよ!

ここでは賃貸の狭いキッチンでも快適に過ごせるように、収納のコツを伝授したいと思います。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

賃貸のキッチンで収納はどうすればいいの?

狭いキッチンの場合、毎日使うものや使用頻度が高いものは出しっぱなしでOKです。

「え!?収納方法が知りたいのに、出しっぱなしって・・・」と思われた方も多いと思いますが、それで大丈夫なのです。

収納スペースが限られているので、何でも収納しようとしてもそもそも無理なのです。

普通に考えてみても、毎日使うものだったら出しっぱなしの方が便利ではないですか?
一人暮らしであるならなおさらです。

つまり、収納するものと出しっぱなしにしておくものとをはっきりと自分の中で区別しておくのです。
≪「収納する」と決めたものは、必ず元の場所に戻す≫これが基本的なルールです。

おすすめの収納方法

狭いキッチンの場合は特に「必要なものがすぐに見つかる」が収納の第一です。
そのため、なるべくワンアクションで取れるかどうかを考えてみるといいのではないでしょうか。

例えば、フライパンを出したいのにフライパンの上に鍋やボウルなどが何重にも重なっていたらどうでしょうか?
上の鍋などを全部どかさないとフライパンが出せません。
それでは作業効率が悪くなります。
調理器具だけではなく、お皿などもなるべく重ねすぎないことがポイントになります。

賃貸に引っ越したらすぐに収納スペースに合った収納ケースなどを用意することが大事です。

フライパンや鍋の収納であれば、100円ショップで手に入れることができるA4サイズのファイル立てケースがおすすめです。
ケース一つにつきフライパン一つを立てて収納するのです。
取り出しやすく、どこに片付けるのかも一目瞭然で分かりやすいですよ。

収納せずに出しっぱなしにしておく場合

出しっぱなしにするにしても、指定席の確保は必要です。

毎日使うお箸やスプーン、茶わん、マグカップなどの少量の食器を置くためのかごなどを用意すると便利です。
出しっぱなしでもかごの上にふきんをかぶせておけば、生活感は出ずにスッキリしますよ!
洗ったらこのかごに入れておくようにすれば、次の食事の時までに自然乾燥で乾いていたりするので家事の手間も省けます。

まとめ

狭いキッチンを快適に使うには、入居してすぐに「モノの指定席を確保すること」が大事になってきます。
そして指定席を決めたら、必ずそこに戻すことです。

「収納スペースがないからムリ!」と諦めずに、まずは自分の持ち物一つ一つに収納場所=指定席を用意してあげましょう。

モノに向き合うと「必要以上に持ちすぎていて、だから収納しきれていなかったのか!」などといった感じで、新たな発見もあるかもしれませんよ。