1Kの狭いキッチンをいつもきれいに!ゴミ箱の収納術

1人暮らし用の1Kのキッチンは狭くてスペースの確保も難しい。
特にゴミ箱は場所も取ってしまうし、狭い部屋に置くと生ごみのにおいが気になってしまう。

そこで狭いキッチンでもおしゃれなゴミ箱収納術をご紹介します。

狭いキッチンで使うゴミ箱選びのポイント

大きさ

あまりスペースを取らないこと。
置き場所の形に合わせたものを選ぶ。
スリムな形状で、かつ十分な容量があるものがおすすめです。

ただし、大容量のゴミ箱にするとゴミを溜め込みがちになり、悪臭の原因になりますので注意が必要です。
ある程度の大きさのものを選び、定期的にゴミを捨てる習慣にしたほうが衛生的です。

一人暮らしだと20~30ℓのものがおすすめです。

蓋つきでにおい対策

ゴミ箱を選ぶ際は蓋つきのものを選びましょう。
生ごみなどを捨てると、夏場は特ににおいが気になります。

1Kのお部屋は狭いのでにおい対策を徹底する必要があります。

合わせて読みたい

ゴミ箱の設置場所

ゴミ箱を設置するにはある程度のスペースが必要になります。
邪魔にならず使いやすい設置場所を選ぶことが大切です。

1Kのキッチンを使う人はどこにゴミ箱を置いているのでしょうか。

シンクの下に設置

ゴミ箱が常に見えている状態にあるのが嫌な人はシンク下のスペースに設置するのがおすすめです。
シンク下だと、調理する際に出たゴミをそのまますぐに捨てることができるので非常に便利です。

また、ゴミ箱を外側に設置しないのでその分キッチンをスッキリとみせることができます。

気を付ける点は、生ごみなどの臭いがこもりやすくなるので、絶対に蓋つきのゴミ箱を選ばなければいけないことです。
衛生的ですっきりとしたキッチンにしたい人にはおすすめの設置場所です。

合わせて読みたい

家具の間など隙間を利用

1Kのお部屋は冷蔵庫や食器棚などの家具がぴったりとはまらないことも多いものです。
そのため、無駄な隙間ができてしまうことがあります。

そういった場合に、スリムなタイプのゴミ箱を設置するという方法があります。
スペースを無駄なく使えるのでおすすめです。

まとめ

狭いスペースに悩みがちなIKのキッチン。
ゴミ箱は絶対に欠かせないアイテムだからこそ置き場所や大きさに困ってしまいます。

また、衛生面でもおろそかにしたくないですよね。
しっかりとにおい対策をして、気持ちよくキッチンを使うために、自分のキッチンに最適のゴミ箱を見つけましょう。

こちらの記事も合わせてどうぞ