【プロが教える】一人暮らしのシンク下スペースを2倍増やす収納術

1k賃貸だとキッチンが狭くて収納スペースの確保はとても大切です。

ものがごちゃごちゃになると自炊のモチベも下がってしまうし、コンビニユーザーになれば家計の圧迫にも繋がります。

しかしシンク下の収納術と言っても色々あるし、面倒なDIYとかはやりたくないのが本音・・

そこで私が実践して超便利だった、スペースが2倍増えるシンク下5分収納術を紹介します

上手な収納のコツは「使用頻度」で分ける

 

使用頻度が高いものを手前に置き、あまり使わないものを奥に入れてしまうことでシンク下のスペースが格段に使いやすくなります。

シンク下のものを取るときにいちいちしゃがんだりするのは腰や膝の負担になります。

すぐに使うものを手前に置くことでかかまずにサッと取り出せるので面倒くさがりな私のような人にはピッタリです。

収納前に一度、キッチン用具を見て使用頻度の「多いもの」「少ないもの」に分けてから収納をしてみてください。

【その①】2段ラックで高さを活かす

1kのシンク下は横幅が無い分、高さがある場合が多いです。
私の部屋のシンク下も横幅はあまりないのですが、意外と縦のスペースってあります。

2段ラックを使用することで狭かったシンク下のスペースが2倍に増えます。

シンク下のスペースが増えればキッチン周りがスッキリするので友達などを読んだときにも恥ずかしくありません。

ただラックは排水管があるので͡コの字ラックにした方が使いやすいです。

【その➁】鍋はラックや棚の決まった場所へ

鍋の収納も使用頻度の多い鍋は手間に置き、たまに使うものを奥へしまうようにします。

そして鍋の場合は高さの違いがあるので、高さがあるものは別に収納します。

分け方を分類すると
・毎日使うもの→手前
・たまに使うもの→奥
・高さがあるもの→決められた場所

このように分けるとすごく鍋が取りやすいし、いちいち奥から鍋を引っ張り出すという面倒な作業が無くなります。

たまにファイルボックスを使用する人がいますが狭いキッチンには御法度。

縦の空間が使えなくなるので収納力が一気に落ちます。もちろんおしゃれに見えればいいという方はそちらでも良いです。

【その③】スポンジ類はカゴにまとめる

スポンジ類で意外とやってしまう失敗は「自宅にあるのに購入してしまう」ことです。

おまけとかでもらったりすることも多いものなのでつい保管場所がバラバラになってしまうし、在庫確認が面倒になってしまうときもあります。

おすすめは袋でもいいですが、出来れば100均のカゴに入れておけばシンク下を開けてすぐに数を確認することができます。

スポンジは100~200円と少額ですが、節約のためにはもったいないのでぜひやってみてください。

【その④】ゴミ袋関連は空箱に入れる

ゴミ袋は置いておくと意外とスペースを消耗してしまいます。
そこでティッシュの空箱を扉裏に貼ることで袋関連が収納しやすくなります。

作り方もティッシュの箱をテープで扉裏に貼り付けるだけなので10秒程度で完成です笑

扉裏も有効に活用することでシンク下の収納力は何倍にも増えとても使いやすくなります。

【その⑤】洗剤は縦長のカゴに収納

洗剤は使用中と在庫で分けておくことでぱっと見で足りないものを確認できます。

ただ洗剤は使う頻度多い場合はシンク上に出してしまうと思うので、その場合は在庫のスペースのみ用意すればOKです。

在庫ストックをすぐに見れるようにしておくことで、買い物前の確認でも一瞬で足りないものが分かるので便利です。

まとめ

 

シンク下のスペースを2倍増やす収納術を紹介しました。

基本的な考え方としては「デットスペースはどこにあるのか?」を常に考えることです。

狭いとあきらめてしまうのは簡単ですが、工夫によって狭いキッチンもとても使いやすくなります。

私のキッチンも1kですごく窮屈なので、住み始めの頃は自炊するモチベが全然上がりませんでした。

なので毎日コンビニに通っていたので家計も圧迫していました。

しかしキッチンを工夫したことにより劇的に使いやすくなり、今では料理好きでクックパッドでメニューを調べるのが日課になりました。

ぜひキッチンを使いやすくして楽しく料理をしてくださいね!

こちらの記事も合わせてどうぞ