1kは冷蔵庫が置けない?悩んでいる人必見!狭い部屋で家電置き場を確保する方法

一人暮らしに多い1Kの部屋。
部屋を決めるとき、全体の広さや収納の多さ、家賃、日当たり、オートロック、立地など、こだわりポイントがたくさん頭に浮かびますよね。

でも意外と思い当たらないのがキッチンの冷蔵庫置き場ではないでしょうか。
キッチン家電は1つ1つが必需品で、無くすことを考えにくいので、なんとか置ける方法を考えなければなりません。
場所をとる冷蔵庫置き場はどのように作れば良いのか、一緒にみていきましょう。

一人暮らしキッチンの特徴

一人暮らしの部屋で多い1kタイプのキッチンは、スペースが狭く、収納も少ないのが特徴です。
さらに玄関とリビングをつなぐ細い廊下に配置されているので、食器棚や冷蔵庫を置くときは、サイズ感や周りとの調和が合わないものを選んでしまうとたちまち通路を塞いだり、威圧感を醸し出したりしてしまいます。
「ただいま」と帰ってきて、リビングに入るまでに苦労する部屋にはしたくないですよね。

1kの部屋に冷蔵庫、みんなどんな工夫をして置いているのでしょうか。
部屋選びの時に気をつけるところと、住んでから気づいた時の対応方法を見ていきます。

1kの部屋に冷蔵庫置き場を確保する方法

住む前

スペースの確保

部屋選びの段階で、キッチンに冷蔵庫を置くスペースがあるか必ず確認しましょう。

冷蔵庫を買うタイミングは部屋選びの後

また、家電を買うのは部屋を決めた後がオススメです。

冷蔵庫スペースのサイズと搬入口になる玄関のサイズをスケールで測り、置けるものを選ぶようにします。

サイズも使い勝手もキッチンに合うものを選ぶ

ただ、1kの場合、冷蔵庫スペースがあると言っても一人暮らしを想定しています。
ですので、購入できるサイズの種類は限られています。
一人暮らしで自炊も考えている場合、冷蔵庫サイズは120L〜150Lを選ぶと丁度良いですよ。

冷蔵庫の扉は右開き(右に向かって開くもの)と左開き(右開きの逆)がありますが、こちらも配置場所に合わせて選んだ方が使いやすくなります。
特に狭いキッチンでは、開き方が逆になると、開く時にとても苦労するケースがありますので、電気屋さんでしっかり選んでくださいね。

住んでから

思い切ってリビングに置く

住んだ後に、「冷蔵庫、どこに置けばいいの?」となったときは、思い切ってリビングに置くという選択があります。
1kの場合はリビングとキッチンがドアで仕切られているので、「必要なものをとる時にドアを開けてさらに冷蔵庫を開ける」という手間はありますが、導線を考えた配置をすればそれほど不便ではありません。
リビングとキッチンの境目に一番近い壁面がベストポジションですね。

リビングの色合いと出来るだけ合わせる

キッチンにあればそれほど気にならない冷蔵庫の色ですが、リビングはくつろぐ場所ですし滞在時間も長いので意外と色は目につきます。いくら一人暮らし用といっても、冷蔵庫は存在感がありますので、できればリビングの雰囲気を壊さない色を選びましょう。

ベットとは出来るだけ距離を置く

冷蔵庫が動いているときに「ブーン」という音が出ます。
これが深夜などは結構響く音なので、睡眠の邪魔になってしまうこともあります。
出来るだけ寝る場所は冷蔵庫から遠い位置にしましょう。

冷蔵庫を置く時に気をつけること

冷蔵庫の周りには隙間が必要

冷蔵庫は動く時に熱を発するので、放熱のため、壁と冷蔵庫の間には隙間が必要になります。
冷蔵庫の両サイドは約0.5cm、上部は約5cmの隙間を作りましょう。
裏面は最近の冷蔵庫だと電気やけ(黒ずみ)の心配もなく、隙間を開ける必要のないものが多いですが、固体によっても違いがあるそうです。
購入時に電気屋さんで聞いてみるのをおすすめします。

リビングに置く時は背面壁の黒ずみに注意

キッチンに置いた冷蔵庫を通常通り使って、壁面に黒ずみが出た場合は、「経年劣化」ということで原状回復義務はないそうです。
しかしリビングに冷蔵庫を置いて黒ずみが出た場合は、本来の部屋の使用目的とは違う使い方で壁面を汚したことになるそうなので注意が必要です。
カビの心配もありますので、壁面には空間を空け、清潔さも保てるようにしましょう。
(参考)国土交通省ガイドラインhttp://www.mlit.go.jp/common/001016469.pdf

まとめ

冷蔵庫置き場は工夫をすればなんとか確保できるものだ、ということはお分りいただけたのではないでしょうか?
実は私も、最初の一人暮らしの部屋を選ぶ時はすっかり冷蔵庫置き場のことが抜けていて、油断していました。
「狭いけど、一人暮らしをする部屋として作られたスペースなんだから、生活必需品の置き場くらいは考えて建てられている!」と何の疑いもなく、というか気にすることもなく入居したのですが、大変なことになりました(苦笑)
私の場合は無理やりキッチンに置いたのですが、廊下を通るのがすごく大変で、次の引っ越しは絶対に冷蔵庫置き場を確認しよう!と思ったのを覚えています。

でも、キッチンに近いリビングに置いたり、インテリアと色合いを合わせたりすることでキッチン以外に置き場を確保する方法はありました。
最初からレイアウトを考えて部屋選びをするのが一番ですが、せっかく気に入って決めた部屋なので、まずは工夫をして、必要な冷蔵庫を威圧感なく置く方法を試してみてはいかがでしょう。
初めての一人暮らしで狭い空間でも楽しむスキルを身につければ、将来広い部屋に住んでも、片付け上手なインテリアの達人に慣れそうですね。