狭いワンルームのキッチンを快適にするレイアウト術!

ワンルームのキッチンはスペースが狭く、使いづらい印象があります。

毎日使うキッチンが不便だと、料理をするモチベーションも下がってしまいます。
毎日使う場所だったら便利で楽しく料理ができるキッチンにしたいですよね。

そこで、そんな悩みを持つワンルームキッチンでも、快適に過ごせるレイアウト術をご紹介します。

スペースをうまく使うのが鍵!

ワンルームのキッチンではスペースが限られています。
この限られたスペースの中でどのように収納、レイアウトするかがポイントになってきます。

狭いスペースを広く、快適に見せるレイアウトとはどんなものでしょうか。

デッドスペースに棚を設置

シンクの上やちょっとした隙間などに棚を小さな棚を設置しましょう。
調味料が小物類をそこに収納することができます。
ワンルームのキッチンは細かい収納がしづらいことが多いので小物類を整理整頓することで、キッチンがスッキリします。

また、調理をする際にすぐに取り出せて使いやすいというメリットがあります。

壁は収納に利用

収納場所が少ないキッチンでは壁も収納スペースとして活用します。

百円均一で購入できる、ワイヤーネットやS字フックを壁に設置し、そこにお玉やフライパンなどの調理器具を吊るしてしまいます。
これだけで、収納場所が一気に増えます。
ワイヤーネットにフック付きのカゴをつけて、キッチンで散らかりがちだった小物類もすっきり収納することもできます。

シンク下

シンク下もアイテムを使うことで大容量の収納に変身します。

ラックを置き、そこに食器や鍋などの調理器具を収納することができます。
そのままで使ってしまうと空間を無駄にしてしまうので、上下や左右に仕切ることを意識するのがポイントです。

また、突っ張り棒やファイルケース、仕切りのあるボックスなどを大きさに合わせて設置することもおすすめです。
キチンと仕切っていれることで整理整頓もでき、収納スペースも確保することができます。

まとめ

ワンルームのキッチンは狭くてレイアウトに悩みがちです。
しかし、ちょっとした工夫をすることで、使いやすい便利なキッチンにすることができます。

自分のキッチンに合ったアイテムや。部屋の雰囲気に合わせたレイアウトを研究しながら、楽しんでください。