一人暮らしのキッチンをすっきりと!1Kでもできるレイアウト術

一人暮らしの1Kや1DKのキッチンはスペースが狭いことや、デッドスペースが多いことから使い勝手の悪いイメージがあります。
必要なものを並べるとごちゃごちゃして散らかっている印象に…。

そこで、すっきりとした使いやすいキッチンに生まれ変わるレイアウト術をご紹介します。
自分だけのキッチンを作って楽しい一人暮らしにしましょう。

1Kキッチンのデッドスペースを活用!すっきり収納術

1Kのキッチンは狭く、スペースに限りがあります。
その中で収納やレイアウトを考える上でポイントになるのがデッドスペースに手を加えることです。
アイテムを使うなど、工夫することでスペースを最大限に使うことができるようになります。

おすすめの収納術をご紹介します。

シンク下や壁が大容量の収納に変身!

シンク下のスペースを収納に使う人も多いと思います。
しかし、そのまま使ってしまうとスペースを無駄にしてしまいます。

アイテムを使ったひと手間を加えましょう。

突っ張り棒の上にカゴを並べる

この方法は調味料や小物類を整理するのに向いています。
散らかりがちで探すのが大変な小物がすっきりと収納できるようになります。

ラックを置き上下段に調理器具を収納

シンク下にラックを置きそこに食器や鍋などの調理器具を収納する方法です。
2段3段と縦の空間を無駄にすることなく収納できます。

一人暮らしの食器や調理器具は数や種類も少ないのでわざわざ収納を増やすのが大変なので、シンク下で済ませてしまいましょう。

狭いキッチンのレイアウトのコツ

1Kのキッチンは狭いので、棚やラックで収納を増やすと、かえってスペースが減り使いづらくなる場合があります。
そのため、できる限りデッドスペースなど空いている空間を探して収納することが狭い部屋のレイアウトのコツです。

まとめ

いかがでしたか?

1Kの狭いキッチンは使い勝手が悪い上に、住んでいるうちに道具が増えたりして、ますます収納やレイアウトに悩むという事態になりがちです。
新たに収納を増やすという発想ではなく、今あるスペースを最大限に活かすアイディアで、自分だけのキッチンをレイアウトしてみましょう。

こちらの記事も合わせてどうぞ