カゴは使わない?!一人暮らしの狭いキッチンの水切りの方法

一人暮らしの狭いキッチンで、洗ったものを置く場所さえ十分にとれないという悩みをお持ちの方もいるでしょう。
水切りカゴを置くと、料理をするための作業スペースがなくなってしまうほどの狭いキッチンなら、自炊をする気も起きなくなってしまいますよね。

当記事では、狭いキッチンでもストレスなく水切りできる方法をご紹介します。

持ち物の整理

水切りの具体的な方法を紹介する前に、まずは持ち物の整理をしましょう。
作業スペースに出しっぱなしのものや、収納スペースに入りきらず、置き場に困っているものはありませんか?

ここでまず考えることは、それらは「本当にあなたに必要なものか」ということです。
使い道が分からない、使うことはほとんどない、と思われるものは思い切って断捨離してください。
スペースは限られているので、無駄なものを置いておく余裕はありません。

またキッチン用品だからといって、必ずキッチンに収納しなければならないという決まりはありません。
必要でも使用頻度が低く、キッチンに収納場所がなければ別の場所に収納するのがおすすめです。

一人暮らしの狭いキッチンでの水切り方法

それでは、具体的に水切りの方法をご紹介します。

水切りカゴを使わないときは別の場所に置く

水切りカゴを置くと作業スペースがなくなってしまう、作業スペースをできるだけ広く使いたいという場合に1番おすすめの方法は、水切りカゴを必要に応じて移動させることです。
お金がかからず簡単にできる方法で、筆者も実践しています。

水切りカゴをキッチンで使うのは洗い物をしているときだけ。
洗い物が終わったら、食卓やキッチンワゴンなど、どこでも良いので移動させてしまいましょう。

スリムタイプの水切りカゴを使う

キッチンが狭すぎて通常の大きさの水切りカゴさえ置くスペースがないという場合は、スリムタイプの水切りカゴを使うと良いでしょう。このタイプなら2段や3段になっていて、物をより多く置けるものがおすすめですよ。

水切りカゴを使わない

水切りカゴを使わないという選択肢があります。
作業台にふきんなどをしいて洗ったものを置き、洗い物のあとはすぐに拭いて食器棚にしまうのです。
洗ったものを出しっぱなしにしておくことがないので、見た目にもすっきりします。
また、水切りカゴはそれ自体を洗うのが大変なので、カゴを使わない方が衛生的という声もあります。

いろいろ試して自分に合った方法を探そう

狭いキッチンでも水切りが楽にできる方法をご紹介しました。実践してみたい方法はありましたか?
いろいろ試して自分に合った方法を見つけてくださいね。