狭さはレイアウトで解決!賃貸の狭いキッチンを使いやすくするコツ

アパートなどの賃貸物件では、一軒家に比べてキッチンのスペースが狭いことがあります。
とくに1ルームなど単身者向けの部屋ではその傾向が顕著です。

狭いキッチンで作業していると使いづらく、ストレスが溜まるし、料理するのもいやになってしまいますよね。
そこで、狭いキッチンでもおしゃれに、そして使いやすいように変身させるレイアウト術をご紹介します。

自分でキッチンを変身させよう

狭くて使いづらそうなキッチンだと料理する気も削がれてしまいませんか?
そこで、自分好みのキッチンにリノベーションをして、料理するモチベーションを上げましょう。

収納をうまく使ってスペースを有効活用

キッチンが狭くて困るのが、収納場所です。調理器具や調味料などしまいたいものはたくさんあるのに、収納場所がない…なんてことも多いはず。
そこで、収納スペースを自分に作ってしまいましょう。

棚を設置して調味料をスッキリと

棚を用意して、塩コショウなどといったコンパクトな調味料を収納しましょう。
最近は北欧風など木目調のおしゃれな棚が人気で、キッチンに置くだけでおしゃれな雰囲気に大変身します。

あえて見せる収納にすることでインテリアとして楽しむこともおすすめです。
百円均一やホームセンターでおしゃれで安いものが増えているのでぜひ、探してみましょう。

調理器具は壁に吊るしてしまおう

お玉やフライ返しなど、軽くてしまいづらい形の調理器具は壁やシンク下の扉の内側のスペースに吊るしてかけてしまいましょう。
引き出しにしまっておくとゴチャゴチャして取りづらく、形もぴったりと収まる仕切りを探すのも面倒ですよね。

しかし、吊るしておく方法だと、すぐに取り出せて使いやすく、すっきりと見せることができます。
壁にかけるときに、ことでインテリアとしておしゃれにみせることもできます。

調理器具や家電の配置で使いやすいキッチンに

キッチンの使いやすさを左右するのは導線です。
それは狭いキッチンでも同様です。

調理器具や家電、食器棚の配置をするときは調理する順番を考えたレイアウトをするように気を付けてみてください。

まとめ

狭いキッチンでも工夫次第でどんな風にも変えることができます。
狭くて使いづらいキッチンだと料理をするモチベーションも上がりません。

でも、明るくておしゃれな雰囲気のキッチンは自分の手で作ることができます。
キッチンを使いやすくする便利なグッズもたくさんあるのでぜひ、活用してみてください。
自分だけのとっておきのキッチンづくりを楽しんでください。