限られるキッチンスペース、一人暮らしの場合どんなレイアウトが良い?!

1人暮らしのキッチンのレイアウトのヒントを紹介していきます。

自分が自分の食事のために使うキッチン、どうせならばお気に入りの空間にしたいですよね。
スペースが限られる1人暮らしキッチンだからこそ、コンパクトで機能的にまとめていきましょう。

1人暮らしのキッチン、お気に入りは何?

1人暮らしのキッチンのレイアウトを考える時になんでもかんでも取り出しやすい位置に収納する必要はありませんし、不可能です。

お気に入りの用品は何かをまずリストアップしましょう。
調理器具、調味料、お皿など何をよく使うかを考えてみてください。

滅多に使わないお鍋、気に入っていないお皿などは多少取り出しにくい位置に収納したり処分したりすることも視野に入れましょう。
使わない物や気に入っていない物のせいでレイアウトに制限が出てしまったり、お気に入りのキッチン用品の収納が圧迫されてしまったりしているのならばそれらは不用品以下の邪魔者です。

一方毎日使う物やお気に入りの物はキッチンの中でも取り出しやすいVIP席を用意しましょう。

キッチンのレイアウトに大活躍してくれるアイテムはコレ!

1人暮らしだとキッチン用品も1人用の物が多くなります。
鍋、調味料、皿なども小さ目のものばかりなりがちです。

小さくて数の多いものを使いやすくレイアウトする場合、立派な食器棚やレンジ台などは必ずしも必要ありません。
小さな小物が限られた空間を使いやすい空間へと変身させてくれます。

特におすすめなのがワイヤーネット、S字フック、マグネット、プラスチックトレー、突っ張り棒などです。
ワイヤーネットとS字フックと突っ張り棒を取り付ければ簡易的な棚ができたりぶら下げたりする収納が可能になります。

またマグネットを使えば冷蔵庫のドアをフル活用することが出来るでしょう。

プラスチックトレーにお皿や調味料を分けて収納しておけば多少引き出しやシンクの下などの奥の方に収納していたとしても、トレーごと取り出せば簡単に目的物が見つかります。
ホームセンターならばサイズが豊富で丈夫なものが販売されています。
100円ショップならば目的別に特化したバラエティー豊かな商品が並んでいるでしょう。

1人暮らしのキッチンのレイアウトは自由自在

1人暮らしのキッチンはスペースが限られているので、本当に気に入っている物は何かを見極めることが大切です。

実家では〇〇だったから、フツーは〇〇がある筈などという固定観点は一旦捨てましょう。
自分が使いやすいかが重要です。

100円ショップやホームセンターでは空間を有効活用し機能的なレイアウトを助けてくれるグッズがたくさん販売されています。