1Kの狭いキッチンでもスッキリできる収納術!空間を有効活用

狭い1Kのキッチンでも、すっきりと収納できるスペースづくりをご紹介します!
少ない収納でも、百均やホームセンターで購入できる商品で収納スペースを確保しましょう。

収納スペースを増やそう

1Kのキッチンは狭いつくりのものが多く、そのため、収納スペースが少なく使いづらい印象です。
またスペースがあっても仕切りがないため無駄な空間ができてしまい、さまざまな形の調理器具を整理するのはなかなか難しいのが問題です。

そもそもスペースがないことが問題なので、百均やホームセンターで道具を購入し、スペースを増やしましょう。
ポイントはデッドスペースを無くし、空間を有効に使うことです。

突っ張り棒

百円均一で売っている突っ張り棒を使った収納方法です。

突っ張り棒を使うことで、仕切りがない収納スペースを上下に分けることができます。

何も仕切られていない空間に収納するのはスペースを無駄にしてしまう上に、整理しづらくなってしまいます。
そのため、突っ張り棒で支えた上に、ラックを置いたり、収納ケースを載せたりして収納を作ります。

そこに鍋を収納したり、ケースを載せ、その中に調味料などを種類別にしまって綺麗に整理することができます。

ファイルボックス

お皿やフライパンは大きさがバラバラで収納がなかなか難しいですよね。

そのお悩みはファイルボックスを使うことで解消されます。
ファイルボックスならしまうのも取り出すのも簡単にできるうえに、何がどこに収納されているのかが一目でわかります。

シンクの下の収納スペースや引き出しの中にはまるので、大きさに合わせた個数を用意し、収納しましょう。

そのほかにも、醤油や油などといった背の高い調味料をしまうのもおすすめです。
ごちゃごちゃしてしまいがちなシンク下をすっきりとさせてくれるアイテムです。

つるせるものはつるして省スペースに

続いては、ワイヤーネットやS字フックを使う方法です。

壁やシンク下の扉の内側にワイヤーネットを掛け、そこにお玉やフライ返しなどの調理器具をひっかけます。
引き出しに入れておくと小さい調理器具がごちゃごちゃしてしまったり、器具同士がひっかかって取り出しづらくなってしまいます。

しかし、この方法なら、一目でどこにあるかわかり、すぐに使うことができます。
調理中のストレス軽減にもなります。

可愛い調理器具を吊るしておくと、ちょっとしたインテリアのようで、料理をするのが楽しくなりそうですね。

まとめ

1Kのキッチンですっきりと収納できる方法をご紹介しました。

今は、百均やホームセンターで手に入る便利グッズがたくさんあります。
それらを上手に使いこなすことで、1Kの狭いキッチンでもたっぷり収納できるように変身できるのです。

部屋によってそれぞれ収納にも種類があるので、形やサイズに適した収納方法を見つけて、使いやすい自分だけのキッチンを作ってみましょう。

こちらの記事も合わせてどうぞ