切るスペースがないとお悩みの方必見!狭いキッチンで作業スペースを増やす方法

アパートなどの賃貸物件ではキッチンが狭いことが多く、流し台や収納スペースもコンパクトで使い勝手がよくありません。
特に料理をする時に気になるのが、材料を切るスペースが少ないことです。

単身用のアパートでは特に狭くほとんどスペースがない物件もあります。
作業するスペースが少ないと効率も悪いうえに、いちいち片づけながら進めていくので非常に面倒です。

そこで、キッチンの切るスペースがない場合の解決方法をご紹介します。

ちょっとした工夫でスペースを増やそう

狭いキッチンで材料を切るスペースがないととても料理がしづらいですよね。

そこで、スペースがないなら自分で作ってしまいましょう。
便利なグッズを使うことや、ちょっとした工夫でスペースは作ることができます。

大き目のまな板を使ってスペースを作る

材料を切るときに必ず使うまな板ですが、それを活用してスペースを増やす方法です。

いつも使うまな板とキッチンのシンクに被さる大きさのものにするだけでいいんです。
シンクの上にまな板を置き、そこを作業スペースにすることで問題が解決できます。

この方法なら新たに道具を買ったりせずに、料理する際に必要な道具で簡単にスペースが増やすことができます。

移動式の作業台を使ってスペースを作る

続いては、スペースの問題も狭いキッチンの収納が少ないというお悩みも解決してくれる方法です。

キャスターの付いた移動式のラックの一番上の段を作業台にします。

一番上の段にまな板を置きそこを切るスペースにすることでスペースを確保できます。
移動式のため、自分が使いやすい場所に持ってこられるのもおすすめポイントです。

また、キッチンが狭い場合は収納スペースも少なくなっています。
ラックの下の段は収納に使えるので大変便利です。
調味料やラップ、アルミホイル、袋に入ったものなど軽くて小さいものはごちゃごちゃしてしまい収納場所に困りがちですが、これなら綺麗に収納することができます。

まとめ

賃貸のキッチンではスペースが少なく、どうしても使い勝手が悪くなってしまいがちです。
でもせっかくなら楽しく便利に料理をしたいですよね。

そのために、ちょっとした工夫をして、手を加えることで少しでも改善していくことが解決の鍵です。

少し手間がかかってしまいますが、自分好みのキッチンに作り上げていくことを楽しみながらしていくたいですね。
自分のスタイルやお部屋のタイプに合わせて、どんな風にお部屋を変えていくか楽しみながら考えるとより住みやすいキッチンにすることができるでしょう。