一人暮らしの狭いキッチン、道具を整理して作業スペースを拡大!

一人暮らしのお部屋で自炊生活、楽しんでいますか?
なんでも自分が食べたいものを選べ、節約にもなるので、積極的に自炊したい…のはやまやまですが、作業スペースが狭くて自炊する気になれないというお悩みはありませんか?

自炊において作業スペースは何よりも大切です。
この記事では、一人暮らしの狭いキッチンでも作業スペースを十分にとれる方法をご紹介します。

その方法はたった2つ。今あるスペースを有効活用することと、スペースを増やすことです。

今あるスペースを有効活用

まずは「今あるスペースを有効活用こと」について詳しくみていきます。

これはつまり、作業スペースに一切のものを置かず、広く使うということです。
作業スペースに水切りかごやゴミ箱、食材のストックなどは置いてありませんか?
これが作業スペースを狭くしている原因です。

水切りかごを別の場所に移動させてみてください。
これだけでずいぶんスペースが広くなったことと思います。
洗い物をしていないときは、水切りかごがキッチン以外の場所にあっても問題ありません。

生ゴミを入れるためのゴミ箱や袋も、できれば作業スペースの外に置きましょう。
例えばシンクの上はどうですか?
一時的に置くだけなので、どこでも良いのですが、作業スペースを邪魔しないようにしてください。

食材のストックなど今すぐに使わないものが、作業スペースに放置されることも多々あります。
食材のストックを入れる場所を作り、そこにまとめて入れておくと作業スペースが広く使え、取り出すときも探す手間がなく便利です。

スペースを増やす

作業スペースを広く使うためのもう一つの方法は「スペースを増やすこと」です。

シンクを覆うように大きなまな板を置けば、作業スペースとして使うことができます。
ただし不安定になるので、作業の際は十分に注意してくださいね。

また、シンクに水切りにも使えるラックを渡せば作業スペースが増えます。
この上にまな板を置いて作業したり、料理に必要なものを置いたりできます。
使わないときはコンパクトに収納できるおりたたみタイプがおすすめ。

まとめ

一人暮らしのキッチンで作業スペースを広く使うには、道具を増やすのではなく、はじめに持っているものを整理することから始めてください。
それならお金を使わず誰でも気軽にできます。簡単なのにたったこれだけのことをするだけで全然違います。

その上で必要なものがあれば、躊躇せずに買ってしまいましょう。
道具は日々の作業を簡単にするためにあるもの。
むやみにものを増やしたり減らしたりするのではなく、自分に本当に必要なものかを一つ一つ吟味していけば、納得のいくあなただけのキッチンができあがりますよ。