【賃貸専用】キッチンの壁面をプチプラDIYで2倍の収納力に!

一人暮らし用の部屋でよくある1Kや1Rのキッチンは、スペースが狭く収納も少ないですね。モノが溢れて困っているという人も多いのではないでしょうか。

限られたスペースで収納を確保するためにはデッドスペースを作らないことが大事です。
狭いキッチンでは「壁面」や「空間」もムダなく収納に利用しましょう。

「賃貸なので壁にキズをつけたくない…。」と思っている人も安心してください。賃貸OKで簡単にできる壁面収納をご紹介していきます。

狭いキッチンの収納スペースを確保するには

1Kや1Rのキッチンスペースには棚などの収納家具を置くスペースも確保しにくいので、床よりも上の壁面や空間を利用して収納を確保します。
利用するアイテムはお財布にも優しく、100均やホームセンターなどで購入できるものばかりですが、とても優秀なのでご紹介していきますね。

今すぐできる100均収納

シンク周りは、調理する場所なので、いつもすっきりさせておきたいですね。でも収納は特に少なく片付けにくい場所です。壁面、空間を上手に利用しましょう。また、シンクに直置きしないだけで、水回りがスッキリして清潔さが保たれます。

吊り下げ収納

レンジフードの溝を利用して100均のスチールフックをかけるだけで、フライバンや調理器具を吊り下げることができます。
レンジフード専用のフックを取り扱っている100均もありますので探してみてください。専用のものはサイズ感が合うので、汎用タイプよりも使いやすいです。

突っ張り棒&ワイヤーネット収納

レンジフードに引っ掛けるところがない人にオススメなのは、100均の突っ張り棒と、同じく100均のワイヤーネットの組み合わせです。
シンク前の壁に簡易壁面収納が作れます。

作り方は以下の通り、とっても簡単です。ぜひ試してください。

シンクから天井もしくは何か引っかかるところまでを2本の突っ張り棒で突っ張らせます。
突っ張らせた棒の後ろと壁面の間にワイヤーネットを滑り込ませて立たせます。
突っ張り棒とワイヤーネットはお互いにズレないように、結束バンドで数カ所固定します。
ワイヤーネットにフックやかごを下げて調理器具を吊り下げます。

工具不要で超簡単なDIYですが、シンク周りが見違えるようにスッキリしますよ。

収納力拡大!カンタン壁面DIY収納

もっとたくさんの収納力とオシャレさも求める欲張りさんには簡単な壁面DIYをお勧めします。

すのこ

「シンクの壁と冷蔵庫の間に、中途半端に10cmくらいの隙間がある…。」そんな時にすのこが大活躍します。すのこ2枚と幅に合わせた板2〜3枚で隙間収納棚が作れます。見た目は木目のままでも可愛いですが、雰囲気に合わせてペイントすることもできます。

有孔ボード&ディアウォール

【有孔ボード】

DIYをよくする人にはお馴染みの有孔ボードですが、そうでない人にはピンとこないかもしれませんね。

小学校や中学校の音楽室で使われている建材で、全面に均等に穴が空いています。元々、音を吸収して反響を抑えるための建材でした。

収納DIYアイテムとしても優秀で、規則的に並んだ穴がオシャレな雰囲気と、穴が空いているのでフックやワイヤー棚など目的に合わせてハンギングすることができる性能が特徴です。

【ディアウォール】

木材の両端につけるキャップで、賃貸で壁を傷つけずに固定棚を作りたい時に、クギを使わずに支柱を突っ張らせて固定するアイテムです。壁面をどこでも棚にすることができます。

組み合わせてオシャレで丈夫で大容量な壁面収納に

この有孔ボードとディアウォールはどちらもホームセンターでリーズナブルに買うことができます。

2つを組み合わせて、ビスを使わずに有孔ボードを壁面に固定できるので、壁のキズはどうしても避けたい賃貸にはピッタリなアイテムですね。

固定した有孔ボードの穴を利用して、棚を作ったり、フックをかけたり、キッチン小物から重さのある大きなフライパンまで収納することができます。

まとめ

キッチンの収納量不足をなんとかしたいときは、壁面もしっかり使った方が良いということはお分りいただけたのではないでしょうか。

まずは100均にあるアイテムを利用して、吊り下げ収納や突っ張り棒を使ったとてもカンタンな壁面収納を試してみてください。

それよりももっとオシャレにたくさん収納をしたい人は、次は壁を傷つけないディアウォールと有孔ボードで壁面に収納場所を作りましょう。工具は使いませんが、しっかり固定しているので、多少重いものでもで充分にハンギングすることができます。

工具を使わない簡単なDIYであなたのキッチンもキレイに変身させてくださいね。

こちらの記事も合わせてどうぞ