【自炊派必見】一人暮らしのまな板でおすすめの種類はこれ!

一人暮らしでまな板をいざ選ぼうとすると材質など種類があるのでどれを選べばいいのか迷ってしまいます。

購入した後に「やっぱり使いずらい」と思うのは避けたいですから!
そこで自炊派の私がまな板の種類の解説と「特におすすめのまな板」を紹介しますのでぜひ読んでくださいね!

木製

プロの料理人、毎日家事をしてお手入れがしっかりできる主婦におすすめ。

メリット:滑りにくい

柔らかい材質なので包丁が刃こぼれしにくいです。
水はけが良いので使い始めに濡らすなどの基本を守れば食材の匂いも付きにくいです。

デメリット:メンテナンスが面倒

使うたびに洗って風通しの良いところで乾かさないとすぐにカビや雑菌が発生します。
漂白剤が使用できない素材なので一度カビが発生したら削りとらないと綺麗になりません。

プラスチック制

料理初心者、忙しい人でお手入れを簡単に済ませたい人におすすめ。

メリット:デザインが豊富、安い

デザインやカラーが豊富でキッチンに合った見た目のものを選ぶことができます。
さらにサイズも色々あり、軽いので女性には嬉しい機能性ばかりです。

丸められるシートタイプは食材を鍋に入れやすいのでとても便利な機能です。
さらにプラスチック製のまな板は漂白剤が使えるので着色やカビも簡単に落とすことができるので衛生的です。

デメリット:滑りやすい、刃こぼれしやすい

プラスチックの表面はツルツルなので食材を切るときにツルンと滑りやすいです。
木製に比べて素材が固いので表徴の刃こぼれがしやすいです。

さらに食材の色移りもしやすいので定期的な漂白が必要になり、耐熱性も低いので揚げ物などを切るときには注意が必要です。

ゴム製

料理初心者からプロまで使える最近流行りの素材。

メリット:傷やカビに強い

ゴムなので柔らかく傷が付きにくく包丁の刃こぼれも安心です。

さらに食材の色移りもしにくく、汚れも簡単に落としやすいです。
木製とプラの良いとこ取りという商品です。

デメリット:重い、匂いが気になる

プラや木製にくらべてやや重いので取り扱いが面倒に感じます。

それにゴム特有の匂いがあるので最初は匂いが強いかもしれません。
衛生面、使用感、耐久性トータルではゴムは優れた材質です。

自炊派の私がおすすめのまな板は「木製」

私もそれぞれ使いましたがおすすめするのは木製です。
理由としては「材料が切りやすい」という点が一番優れていると感じました。

ゴム製も切りやすいと思いましたが重いし、匂いが材料に付くのも嫌だったので途中で使わなくなりました。

それに木製はプロの料理人も愛用するくらいだし、手入れもカビにさえ気を付けていればそれほど手がかからないという感じです。

一人暮らしの最初の頃はデザインばかり気にしてプラ製を使っていましたが、玉ねぎを切っているときに滑って手を切りそうになり危ないので辞めました。

まとめ

一人暮らしでのまな板選びは自炊を頻繁にするなら木製がおすすめです。

ただ女子としてはプラ製の可愛いものを揃えてキッチンを可愛くしたい気持ちもあると思います。
でも可愛いと思うのは最初だけで料理をしているうちに「使いずらい」とすぐ感じて買い替える可能性も高いです。

最初は自炊の頻度がわからないかもしれないので、安いプラ製でも十分かもしれません。
自炊をある程度するようになったら自分のキッチンに合うまな板のサイズもわかると思うので、そのタイミングで替えるのもアリだと思います。

ぜひ自分のキッチンに合ったまな板選びをしてくださいね!

こちらの記事も合わせてどうぞ