水切りカゴは必要?水切りカゴは代用して広く使おう!

狭いキッチンの場合、水切りカゴをどこに置くかが問題になってきます。
水切りカゴは結構大きさもあるので、狭いキッチンでは存在感が大きすぎます。

そこで、水切りカゴの代わりになるものはないのか探してみましたのでご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

布製水切りマットを活用する

水切りカゴの代わりに布製水切りマットを活用するのもいいですね。
使わない時はたたんでコンパクトに収納できますし、洗濯して干せばわりとすぐに乾くのでいつも清潔に使うことができます。
値段もリーズナブルなので、洗い替えに数枚用意しておくと安心ですね。

シリコーン製の水切りマットもあります

水切りマットと聞くと、布製のものをイメージされる方が多いと思いますが、実はシリコーン性のものもあります。
こちらも使わない時はクルクルっと丸めてコンパクトに収納できます。
溝や傾斜が付いているものもあって、その場合はシンクに水が流れていくようになっているので便利ですよ。

シンクに渡して使う水切りラックも便利

狭いキッチンの場合は、作業台が狭くてまな板を置く場所もないことも多いものです。

そんな時に便利なのがシンクに渡して使う水切りラックです。
洗った食器や調理器具の水切りに使えるのはもちろん、作業台にもなります。

狭いキッチンでは、このように1つの物が2つの役割を担ってくれるというのは大変助かります。

今家にあるものを利用する方法

新たに水切りカゴに代わるものを購入するのではなく、今家にあるものを利用できないかどうか考えてみました。
狭いキッチンなのでなるべく物は増やしたくないですよね!

お盆はお持ちですか?
食事を運んだり、下げたりするのに1つあると便利ですよね。

このお盆を水切り台として使うのです。
お盆の上に給水マットなどをひいて、水切りとして使えばいいのではないでしょうか?

一人暮らしの場合、1回の食事で使う食器はそれほど多くないので十分置けますよね。

しかも置き場所は電子レンジの上や、冷蔵庫の上などのちょっとしたスペースでも大丈夫そうですよ。

また、お盆がない場合はざると給水マットでもOKです。
十分水切りカゴの代わりになりますよ。

まとめ

「水切りカゴを使うのが当たり前」という考えを一旦横に置いてみるといろいろなアイディアが浮かんできました。
狭いキッチンではなるべく物を増やさずに、どうすれば快適に暮らせるかを考えてみるといいですね。

いずれの場合も出しっぱなしで自然乾燥させておくよりも、最終的にはふきんでふいて食器棚に片付けるところまでできればパーフェクト!
習慣にしてしまえば、苦にならなくなりますよ。