一人暮らしの水切りラック、どんなものが便利?

キッチン用品の中でも調理の度に使い、それなりの大きさがあるもの、それが水切りラックです。
お皿やお鍋などを洗った後、置くためになくてはならないものではありますが、スペースが限られている1人暮らし用のキッチンの場合、あまり大型のものはおけません。

どうしたらいいのかについて紹介します。

1人暮らしでもあえて2段の大型水切りラック

1人暮らしのキッチン用品は小型のものが多いですが、敢えて2段式のしっかりした大型の水切りラックを選ぶのもおすすめです。

シンクの真上に備え付けられるタイプを選ぶと大きさの割に邪魔にはなりません。
ある程度の大きさがあればお皿だけでなくお鍋やまな板など大型の調理器具も置くことが出来ます。

またしっかりとした作りの水切りラックで、食器が少ない1人暮らしならば水切りラックがそのまま簡易食器棚にもなってくれます。
食器を洗って水を切った後、水を切って食器棚に収納をするという手間が省けるのでとても合理的です。

また、水切りラックの上の段にトレーを置けば調味料や洗剤などを収納するのにも便利です。
来客があるときには大き目のタオルや布巾をふわりと書けておけば悪目立ちしません。

シンクに入れる小型タイプは目立たず便利

シンクの下に沈めるタイプの水切りラックはパッとキッチンを見た時に目立たないのでキッチンがすっきりと見えます。
水道で食器を洗ったらそのまま上を上に上げることなくすぐ横の水切りラックに入れて行けばいいので作業動線上も合理的です。

ただし水切りラックの中に食器が入った状態で土のついた芋などを洗うとドロ水が接価格洗った食器に飛び散ってしまうので注意してください。

シンクが水切りラックに占められて全部使えないというのも不便かもしれません。
そんなときは水切りラックをシンクから持ち上げてプラスチックトレーや厚手のタオルの上に置いておくようにしましょう。
とくにどこにも固定をしていないので異動が楽なのもメリットの1つです。

1人暮らしの水切りラックは邪魔にならないものを

1人暮らしであっても、使う食器や調理器具がそれほど多くなかったとしても水切りラックはそれなりに大型になってしまいやすいです。

しかし邪魔にならないようにする工夫はできます。
思い切ってしっかりした段になったものをシンクの上に設置し、物入れや食器棚と兼用して使うのもアリです。

またかご型にして、普段はシンクの中、場合によっては邪魔にならない場所へと気軽に持ち運べるようにしておくのも使い勝手が良いでしょう。