一人暮らしのキッチン、水切りかごは必要?代用可能?

キッチン用品の中でもやや嵩張るものの1つが水切りかごです。

1人暮らしの限られたキッチンスペースがこれ以上狭くなるのが嫌だと言う人は水切りかご以外の方法を試してみてはいかがでしょうか?
でも、水切りかごには水切りかごの良さもありますよ。

1人暮らしならば水切りかごはこんなので代用できます

水切りかごは決してキッチンの必需品というほどではありません。
とくに1人暮らしでキッチンが狭かったりあまり凝った料理を作らなかったりするのならばならばなおさらです。

水切りかごを使わない場合、タオル類で吸水させたり水切りトレーなどで代用をしたりするのがおすすめです。
タオル類で吸水させる場合は机やシンクの周りにタオルを広げて洗った食器を置き、水分を吸収させます。
吸収力が強く速乾性の強いスポンジワイプやキッチンペーパーを使うと良いでしょう。

食器の水切り専用の珪藻土のボードもあります。
いずれも軽くて使わない時に折りたたんでおけるのがメリットです。
とはいえ、この場合、水切りをする場所を確保しなければなりません。

水切りトレーを使う場合はシンクに橋渡しをして洗ったものを置いていきます。
ぽたぽたと水がだれてしまっても下はシンクなので全く問題ありません。
食器の水切りのほかに作業台としても使うことが出来ます。
厚みが無いので使わない時も邪魔になりません。
折りたためるタイプもあります。

水切りかごには水切りカゴのメリットもあります

1人暮らしに水切りかごは必須ではありませんが、水切りかごいは水切りかごのメリットや使いやすさがあります。
何よりも便利な点は重ねられることと、入れたまま移動が出来ると言う点です。

タオルに吸水させたりトレーを使ったりする場合は一旦置いたらまとめて異動をさせるのは困難です。

水を切りたいものが少量ならばいいですが、たくさんある場合は返って邪魔になったり扱いにくくなったりすることもあるでしょう。

水切りかご無しで1人暮らしをスタートするのもあり

水切りかごはそれなりにかさばります。
タオルやトレーで代用も可能なので1人暮らしのキッチン用品において必需品というほどでもありません。

まずは水切りかごなしで1人暮らしをスタートしてみるのもありです。
何処にでも売っているので必要性を感じたら買えばいいだけなので考え過ぎる必要はありません。
吸水に使っていたタオルは布巾にすればいいですし、トレーは作業台としてその後も活躍してくれます。