水切りカゴは使わない?!水切りカゴなしの洗い物のコツ!

狭いキッチンの場合、問題になってくるのが「水切りカゴの置き場所」ですよね。
この際「水切りカゴを使わないようにしようか」と思っても、その方法がよく分からないという方も多いと思います。

ここではそんな方のために、いい方法をお伝えしたいと思います。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

キッチンが狭いのでそもそも水切りカゴが置けない

ワンルームタイプのキッチンの場合、狭すぎて水切りカゴを置くスペースはどこにも見当たらないと思います。
まな板すら置けないのですから、水切りカゴなんてとても置けそうにありません。

では、洗い終わった食器はどうすればいいのでしょうか?
面倒ですが、その都度ふきんで拭いて片付けるのが一番の方法だと言えます。

食後はゆっくりとくつろぎたい気持ちはすごくよく分かるのですが、片付けまでを一連の流れとして習慣化してしまえばいつしか苦でなくなりますよ。

水切りカゴを使わずに洗い物をする方法

洗い物をするときは食器や鍋、ボウルなどの調理器具まで一気に洗うようにします。
そして水ですすぐ順番を工夫するのです。

まず1枚のふきんか水切りマットを用意します。
そして、鍋やボウルなどの大きい器型のものから順にすすいでいくようにします。
次からは食器をすすいでいき、先ほどの鍋やボウルの中に入れていくのです。

一時的に鍋を水切りカゴ代わりに使うのです。
全部の食器をすすぎ終わったら、ふきんで拭いていきます。

そのまま自然乾燥をさせるのには不安定で崩れやすい心配もありますし、そもそもカゴではないので水切れは悪いです。
面倒とは思いますが、拭いて片付けるところまで頑張ってみましょう。

ただし、まな板だけはしっかりと乾燥させた方がいいので、シンクの空いたスペースへ立てかけて自然乾燥させましょう。

それでも水切りカゴが使いたい場合

食後ゆっくりしたいから食器を拭いて片付けるまでは無理だという方も多いと思います。

その場合は、やはり水切りカゴで自然乾燥をさせることになりますね。
電子レンジの上や、冷蔵庫の上などのデッドスペースに水切りカゴを置いておくことができるのならそれもOKだと思います。

ただし、水切りカゴ自体のメンテナンスを忘れないようにしてくださいね。
水受けのトレーはいつも湿ってジメジメしているので、油断しているとすぐにカビや雑菌が繁殖してしまいます。

週に1回は水切りカゴ自体を丸洗いして、しっかりと乾燥させるようにしましょう。

実はこの水切りカゴのメンテナンス自体が大変で、こんなことなら水切りカゴを使わないでその都度食器を拭いて片付けた方が衛生面から考えてもいいことだらけかも・・・と気付く人も多いようですよ。
どちらがいいのかは、皆さんのライフスタイルと照らし合わせて考えてみてくださいね。

まとめ

洗い物は水切りカゴへ置いておいて自然乾燥させる方が一見便利そうですが、そうでもないことが分かりましたね。
デメリットを考えて、最近では戸建ての広いキッチンの場合でも水切りカゴを使わないようにしている家庭が増えてきているようですよ。

キッチンが狭いからこそ、その都度食器を片付けてスッキリと暮らす方がインスタ映えもしそうですね!