1Kの狭いキッチン、食器の水切りのポイント!

1kのキッチン、狭いですよね。
毎日自炊して、良い暮らしを実践しようと決めていたのに、キッチン狭くて自炊するモチベーションが上がらない…。

そんなお悩みを解決すべく、今回は狭いキッチンでも洗い物の水切りをうまくできる方法をご紹介します。

状況に応じて水切りカゴを移動させる

具体的な方法をご紹介する前に、一番大切なことは、「状況に応じて水切りカゴを移動させる」ということです。

料理するとき、ただでさえ狭いキッチンに水切りカゴが置いてあると、作業する場所がほとんどなくなってしまいます。
そのため水切りカゴを使わないときは、食卓テーブルの上など、場所は問わないので、キッチンから別の場所に避難させましょう。

水切りカゴは、固定されているわけではありません。
いつでもどこでも移動させられます。
移動することによって、作業するスペースを広く確保できます。

合わせて読みたい

洗い物の水切りのポイント

それでは具体的に洗い物の水切りのポイントを3つ紹介します。

1.2〜3段のカゴを選ぶ
2.スリムタイプのカゴを選ぶ
3.カゴを使わない

2〜3段のカゴを選ぶ

水切りカゴにはたくさんの種類がありますが、1段のものではなく、2段や3段など重なってたくさん置けるものを選びましょう。
その方がとるスペースは同じでも、より多くのものが置けるようになります。

スリムタイプのカゴを選ぶ

スリムタイプのものは、かなり狭いスペースにも置ける作りになっています。
置く場所のサイズを計り、ちょうど良い大きさのものを買えると良いですね。

とはいえ、スリムタイプだと2〜3段のものでも、多くのものは置けないので、キッチンにずっと置いておきたい、水切りカゴを置く場所すらほとんどない、という場合に検討してみてください。

カゴを使わない

斬新なアイディアでしょうか?
この方法でキッチンが狭いストレスから解放された人もいますよ。

なぜならキッチンが狭いのは、面積が狭いだけでなく、物が多いのが原因の場合も多々あるからです。
物を持たないという選択も考えてみては?

カゴを使わない場合はふきんをしいて、その上に洗ったものを置くと良いでしょう。

水切りカゴを清潔に保つのが大変なので、水切りカゴを使わなくなったという人もいます。
洗った後、すぐにふいて食器棚に片付けるようになったので、以前よりも家が片付いたという声もありました。

合わせて読みたい

まとめ

ここで紹介した方法以外にも、狭いキッチンへの対処方法はたくさん提案されていますが、全てが自分に合う方法とは限りません。色々試して、自分に合った方法を見つけてくださいね。

こちらの記事も合わせてどうぞ