【裏ワザ】キッチンで水切りカゴの置き場所が狭い場合の3つの対策!

理想のキッチンとはどのようなイメージでしょうか?

私の答えはシンプルで「スッキリしたキッチン」です。

ものを出来るだけ少なくして調理スペースが広く使いやすいキッチンです。

でも日本のキッチンで欧米みたいに広くないのでとにかくごちゃごちゃになりがちです。

特に問題なのが「水切りカゴ」の置き場所。

私のような1k賃貸などに住んでいると、とにかくキッチンが狭いです。

普通にホームセンターで購入した水切りかごを使用すると、調理スペースが無くなってとても使いずらいです。

そこで今回は「狭いキッチンで水切りカゴの置き場所が狭い人の3つの対策」をご紹介します!

①薄型の水切りカゴ

置き場所が狭いなら水切りカゴも薄型にするのが一番手っ取り早い方法です。

ホームセンターに行けば色んな薄型水切りカゴが売っているのでご自身で色々見てみるのが一番です。

中には「箸置き」や「2段式」などオプション機能が豊富で、自分のオリジナル水切りカゴを作れてるものもあります。

自分のキッチンに合わせて拡張できるので薄型でもやり方次第で収納性が高い水切りカゴが使えます。

合わせて読みたい

➁シンク上のデッドスペースをフル活用

「キッチンスペースが無いよ!」と叫びたい気持ちはわかりますが実はシンク上はほとんど使わないデッドスペースです。

シンク上に突っ張り棒式や棚から吊り下げ式の水切りカゴがあります。

それらを使用すればデッドスペースを水切りカゴにして調理がしやすいキッチン作りができます。

道具もホームセンターで一式揃うし、設置も女性でもやりやすいのでおすすめの方法です!

合わせて読みたい

③水切りカゴは使わない

スッキリしたキッチンにしたいなら、いっそのこと「水切りカゴ」は使わない!という選択肢もあります。

洗った食器の自然乾燥はとても便利ですが、別に水切りカゴにこだわる必要はないんです。

私のおすすめとしては「水切りマット」です。

他にも珪素土グッズやふきんを使用する方法もありますが、機能性や収納性を総合的に判断していたら水切りマットが一番コスパが良かったんです(笑)

ネットやホームセンターでたくさんの種類があるのでぜひチェックしてみるのをおすすめします^^

合わせて読みたい

まとめ

狭いキッチンだと水切りカゴの置き場所はすごく困ります。

シンク横に置いてしまったらあっという間にスペースが占領されてしまいます。

上記のような対策をしていけばオリジナルのスッキリしたキッチンができるので、料理のモチベーションも上がって毎日キッチンに立つのが楽しなります。

私も元々狭くて使いずらいキッチンを色々工夫して使いやすくしたので今では料理がとても好きになりました!

ぜひ「キッチンが狭いけど水切りカゴをどうにかしたい!」という人は今回紹介した方法を試してもらって、理想のキッチン作りをしてくださいね。

こちらの記事も合わせてどうぞ