狭いキッチンで試してほしい水切りカゴの置き場所!

キッチンが狭い場合、水切りカゴをどこに置くのかが問題になってきます。
最近では水切りカゴをやめて、水切りマットで代用される方も多いのですがライフスタイルによっては水切りカゴの方が都合がいい場合もありますね。

ここでは「水切りカゴの置き場所」でお悩みの方にぜひお試しいただきたい方法がありますので、ご紹介したいと思います。

水切りカゴで自然乾燥させる場合

一番ベストな方法は、水切りカゴである程度水が切れたらふきんで拭いて食器棚に片付けることです。

ところが、分かってはいても忙しくて疲れているとそうはいきません。
洗った食器を水切りカゴに置いておいて自然乾燥させるという方が、圧倒的に多いのではないでしょうか?

朝洗い物だけ済ませて出勤、もしくは学校に行くのであればその間は家の中は無人ですよね?
家に誰もいないのであれば基本的に水切りカゴはどこに置いても大丈夫なのではないでしょうか?

キッチンで使うものだから、キッチンに置いておかないといけないような気がしますがそんなことはありません。
テーブルの上でも、洗濯機の上でも何ならベッドの上でも(笑)

風通しがいい場所に置いておくのが一番です。ほこりが気になるようであれば、ふきんをかけておけば大丈夫ですよ。

空間も利用しよう!

狭いキッチンではシンクの横には水切りカゴを置くスペースがないことが多いです。

ですが、シンクの上の空間はどうでしょうか?
空いていますか?
こういったデッドスペースをいかに上手く活用するかがカギになってきます。

元々シンク上にラックが備え付けられている場合もありますが、ない場合は突っ張り式のラックがホームセンターなどで販売されていますので探してみてくださいね。

賃貸の場合は、壁に穴などあけることができません。
突っ張り式であれば設置も簡単で、跡も残らないので安心です。

ラックには水切りカゴを置くだけではなく、フライ返しやお玉などのよく使う調理器具もS字フックなどで引っ掛けて収納することができるので、便利ですよ。
ふきんもかけておけばすぐに乾きますね。

まとめ

一人暮らしの場合、人目を気にする必要もないし、誰からも注意されることもないので気を抜くとあっという間に部屋中が散らかってしまいます。

特に「今日は何曜日だったかな?」と曜日が分からなくなってうっかりゴミを出し忘れてしまうことが続いてしまったり・・・ワンルームタイプの部屋の場合、ゴミを置いておくスペースも限られているので、特に夏場はゴミ出しを忘れると大変なことになりますよ!

狭いキッチンだからこそ、工夫をして快適に暮らせるといいですね。