【豆知識】一人暮らしの水切りマット選びで重要な5つのポイント!

こんにちは!

アヤです!

一人暮らしで狭いキッチンだとできるだけ物は置きたくないですよね。

私は現在、1kの賃貸住みなので「キッチン=廊下」みたいな状態です。

狭いキッチンで問題なのが水切りです。

洗ったものを小まめに拭いて収納すれば狭いキッチンでも問題はないのですが、毎回拭くのは正直やりたくない。

かと言って水切りかごはキッチン作業スペースがさらに狭くなるし、ヌメリや水アカを定期的に掃除するの大変です・・

狭いキッチンには水切りマットが超便利!?

しかし、そんな私の悩みは「水切りマット」によって解決できました!

使わないときにはたたんで収納できるので、料理するときの作業スペースが広~く使えます。

キッチンが使いやすくなると自炊する気も上がるので、外食減って節約にもなります^^

浮いたお金でずっと欲しかった洋服買ったりして楽しみも増えました!

洗うときは洗濯機にポイっとするだけだし、水切りかごのようにヌメリや水アカが気にあることもありません^^

—————————————

・一人暮らしの狭いキッチンに水切りマットはすごく便利
・キッチン作業スペースが広くなる
・自炊するモチベ上がって節約にある
・洗うときは洗濯機にポイするだけ

—————————————

でも水切りマットって通販で調べると色々あるし、どれを選んで良いのかイマイチわかりません・・

そこで今回は私が「水切りマット選びで重要な5つのポイント」をドドーンと紹介しちゃいます!

一人暮らしで水切りマットを購入しようか迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね ( ´◡` )

ポイント① 吸水性

「一人暮らしの食器でそんなに吸水性必要なの?」って思うかもしれませんが、一人暮らしこそ吸水性の高い水切りマットがおすすめです。

吸水性が高い水切りマットだと少し濡れるくらいならすぐに乾いてしまいます。

つまり夜に洗い物して置いておくと次の日には食器も水切りマットも乾いているという一石二鳥になるんです!

ポイント➁ 厚さ

水切りマットは薄すぎると吸水性が低くなります。しかし厚すぎると濡れたときに絞るのが大変です。

でも私としては厚い生地の水切りマットがおすすめです。

洗うときには洗濯機で脱水も一緒にすれば雑巾のようにわざわざ絞る必要がありません。なので、できれば2枚以上あった方が取り換えて使えるので便利です!

ポイント③ サイズ

サイズも色々あるのですが大判タイプがおすすめです。

水切りマットはスペースが狭い場合は折って小さく使えばいいですが、元のサイズより広く使うことは物理的に不可能です。

一人暮らしで鍋など大きい洗い物が出たときには広くスペースが必要です。

小さい水切りマットで食器を重ねたあげく・・・ガッシャーン!!っとお皿割ってしまうリスクも下がります。

ポイント④ 衛生面

水切りマットで一番心配なのはカビです。

カビが生えてしまった水切りマットに食器を置くのは衛生的に良くないし、カビって一度生えたらなかなか取れません。

出来るだけカビが生えるのを防止するために抗菌加工されているものがいいです!

ポイント⑤ 収納性

水切りマットは折りたたんでしまうことができますが、できれば吊るせるループ付きがおすすめです。

一人暮らしの狭いキッチンの場合、折りたたむより吊るして収納する方が省スペースになります。

しかも吊るしておけば乾燥も同時にできちゃいます!

自分で縫い付けるもの手間なので吊るすループ付きを出来れば選びましょう!

一人暮らしの狭いキッチンにおすすめ水切りマットはこれ!

商品名:mikketa 水切りマット キッチン 食器 大判 速乾 吸水 ベージュ 【全8色】

大きさ:46cm×41cm

特徴:吸水性、速乾性、抗菌防カビ

保証:30日返品可能、メーカー1年保証

mikektaの水切りマットの詳細情報はこちらをクリック!

水切りマットは100均やホームセンターなどで色々と購入しましたがこちらの商品が一番使い勝手が良かったです。

ではその特徴を説明していきますね!

メリット

①めちゃくちゃ吸水性が高い

通販で売っているものでトップレベルで吸水性が高いです!

私も使用していますが、生地が分厚いので食器の水分をぐんぐん吸い取ります。

でも注意点として一度の吸収量が多くなりすぎると乾きが悪くなるので、大量に食器を置きたい場合には次の日に風通しの良い場所で干すのがおすすめです。

➁しっかりした作り

100均とかで売っているものだと洗濯機を数回使用したらすぐにボロボロに・・・なんてことも日常茶飯事です。

でもmikketaの水切りマットは厚いうえに縫製もしっかりしているので洗濯機で洗っても問題ありません。

小まめに洗濯する人は特におすすめです。

③サイズが大きい

mikketaの水切りマットは46cm×41cmと大判タイプです。

普段は食器が少なくてもフライパンや鍋などの洗い物があるときにはとても便利です。

狭いキッチンでも大き目の水切りマットは普通に使いやすいです^^

④フック干しできる

吊るす用のループが付いているので使用しないときには吊るして収納ができます。

サイズが大きいので折りたたむとけっこうかさばるのですが、吊るしておけばスペースの問題はほぼ解決です。

狭いキッチンなら吊るせるタイプの水切りマットは超便利ですよ。

⑤防菌・防カビ加工

水切りマットは分厚いと中でカビなどが繁殖しないか心配ですが、こちらは600種類もの細菌に対応した防菌加工がされています。

しかも洗っても効果が長時間継続するタイプです。

私も濡れたら乾かすようにしていますが、今のところ目に見えるカビは確認できていません。

デメリット

①乾きが遅い

水切りマットが分厚いのでちょっと濡れるくらいならすぐに乾きますが、完全に濡れてしまうと乾くまで時間がかかるのがデメリット・・

食器が多い場合や心配な方は2枚ほど用意しておくと交互に使用できるので安心です。

➁手で絞りにくい

生地が分厚いので女性が手で絞るのはちょっと大変です。

私もやってみましたがかなり力がいるし、絞りだけでしみ込んだ水分をすべて出すのは難しいです。

使用したら1日風通しの良いところで干しておくか、洗濯機で脱水するのがおすすめです。

mikketa水切りマットの詳細情報はこちらからどうぞ!

水切りマットで「一人暮らし」をもっと楽しく!

私は水切りかごを使用していたときは洗ったものをずっと放置していました。

夕飯を作ったら食器棚ではなく、水切りかごの中からゴソゴソと盛る食器をさがしだすことが多かったです・・

当時はなんだか女子力が超下がっている気がして嫌悪感が強かったです。

でも水切りマットを使うようになったおかげでお皿を小まめに収納する癖がつきました。

仕事を終えて自宅に帰宅したときにキッチンが綺麗だと気分もスッキリです。

以前は料理を開始するときにまず洗い物からスタートしてしまいたが、今では作業スペースが広く使えて自炊するモチベも上がりました。

最近はダイエットのためにヘルシーな料理をアプリで調べながら作るのが楽しみです^^

一人暮らしの狭いキッチンは道具でいくらでも使いやすくなります。

ぜひこれを読んでいるあなたも自分に合ったキッチンで一人暮らしを楽しんでくださいね!

こちらの記事も合わせてどうぞ