小さくても大丈夫!一人暮らしの冷蔵庫収納方法

一人暮らしの狭いキッチンに置ける冷蔵庫は、必然的に小さいものになってしまいます。

そのため、「食材を安売りのときにまとめて買って、計画的に自炊しながら節約!」と意気込んでみても、冷蔵庫にものが入り切らず、その意気込みを実行できないなんてことがあります。
せっかくのやる気が冷蔵庫が小さいことが理由で萎えてしまうなんて残念。

そこで今回は、一人暮らしの部屋の冷蔵庫の収納方法をご紹介します。
たった2つの便利グッズで、冷蔵庫が整理されますよ。

1つはきっとどの家にもあるものなので、お金はかかりません。
もう1つは100円ショップなどでも売っていて、大金を出さなくても簡単に手に入るものです。

最初は冷蔵庫の整理

グッズ紹介の前に、まずは冷蔵庫の整理をしましょう。

足し算をする前には必ず引き算をすることが大切。
そうすれば、実際の収納スペースがどのくらいなのかを把握でき、スペースに合わないものや不要なものを買ってしまうことを防げます。

冷蔵庫の中に古くてしなしなになってしまった野菜や賞味期限が切れたもの、買ってみたけれど口に合わず二度と使わないソースやドレッシングなどはありませんか?
あれば迷わず捨ててしまいましょう。

しばらく使っていないもの、これから使うと思えないものを入れておくのはスペースの無駄遣いです。
冷蔵庫の中は限りあるスペースなので、本当に必要なものだけを収納する場所と認識してくださいね。

コンビニなどでお弁当を買うと付いてくる小さいパックのしょうゆやソース、牛丼屋でもらう紅しょうが。
こういったものも、いつか使えると取っておきがちですが、それを冷蔵庫に入れてからどれくらいの時間が経過していますか?
自分の生活にこれらが本当に必要なのか考えてみてください。

そう言われても捨てる勇気が出ない…という心の声が聞こえてくるようです。
それでも、一度勇気を出して全て捨ててみてはどうでしょう。
ものがないことの気持ち良さに気づくはず。

もしも捨ててしまって困ったものがあれば、今後は捨てずに使えばいいだけ。
こういった思い切りやチャレンジ精神が、収納をよりよくしていくためには必要なときがあります。

冷蔵庫収納に役立つグッズ

さて、ここから冷蔵庫の収納に便利なグッズの紹介。
それは、「チューブホルダー」と「紙袋」です。

チューブホルダーとは、チューブのしょうがやにんにく、わさびなどを整理して収納できるグッズ。
冷蔵庫のドアポケットに引っ掛けて使います。
チューブのものは倒れやすく、探しづらいので収納に困りますが、チューブホルダーを使えば、どこにあるかが一目瞭然になり、取り出しやすくなります。

紙袋は、主に野菜室で使います。
じゃがいもやたまねぎなど土のついているものをそのまま冷蔵庫にしまうと中が汚れてしまうため、それを防ぐためのもの。

紙袋はなかなか捨てられないものランキングで上位に入ります。
このようなかたちで活用できるのは嬉しいもの。
袋が汚れたら、処分するのも簡単。

まとめ

一人暮らしの小さな冷蔵庫で収納を考えるときは、冷蔵庫の整理をしてから必要に応じて便利グッズを検討してください。
最初はうまく収納できなくても、試行錯誤を繰り返すうちに使いやすいキッチンができてきますよ。