1人暮らしのシンク周り、みんなどんな工夫をしているの?

1人暮らしの物件はシンク周りが小さいものが多いですよね。
まな板を置くのにも四苦八苦したり、お皿を洗っても置く場所が無かったりなんてことに悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

1人暮らしのシンク周りの活用法を紹介します。

スライドラックでシンク周りを拡張!

シンク周りの狭さに悩んでいる人に是非ともおすすめなのがスライドラックです。
伸縮自在なのでどんなシンクにも合わせることが出来ますし、使わない時にも小さく折り畳めるので邪魔になりません。
これをシンクに引っ掛ければまな板を上において作業スペースを拡張することも可能です。

大根やジャガイモなど大き目のものを洗ったときにはそのままスライドラックの上に置いておけば調理に使うまで邪魔になりません。
コップやお皿一枚くらいならばわざわざ水切り籠を出すまでもなく水切りができます。

吊るす収納でシンク周りがとっても便利

シンクが壁に面しているのならば是非ともチャレンジして欲しいのが吊るす収納です。
有効ボードやワイヤーネット、突っ張り棒などとS字フックやフックを活用することでお玉や菜箸、鍋敷き、キッチンバサミ、フライ返し、計量カップ、輪ゴムなどちょっとしたものを吊るして収納することができます。

籠を取り付ければサランラップ、キッチンペーパー、洗剤、なども収納が可能になるでしょう。
取り出しやすいだけでなく、お玉などは洗った後、水切りカゴではなくちょっと引っ掛けておけばいいだけなので手間も節約できます。
完全に乾ききっていなくてぽたぽたと水が垂れてしまったとしても下はシンクなので全く問題はありません。

水気に弱いものはシンク周りの収納に気を付けて

一方で気をつけたいのが水気に弱いキッチン用品です。
たとえば電子キッチンスケールやキッチンタイマー、調味料、パンなどです。

どうしても水に濡れてしまうと劣化が早まってしまうのでできたらレンジ台の上などがおすすめです。

1人暮らしはシンク周りが快適だと生活も快適!

1人暮らしのキッチンはどうしても狭くなってしまいがちですが、シンク周りの空間を有効活用することで快適な収納が可能になります。

とくにおすすめなのがスライドラックです。
作業台にも水切りの代用にもなります。

またシンクの上の空間も吊るす収納などで有効活用しましょう。
ただし水が苦手なものは側に置かないように気を付けてください。