一人暮らしの食器収納問題はシンク下で解決!

一人暮らしのお部屋は狭いことが多く、収納に悩みがちです。
それはキッチンも例外ではありません。

特に、食器の収納に悩まされる方も多いのではないでしょうか。
一人暮らしだと、食器の数も少なく、形もバラバラです。
その少ない食器を収納するためだけに狭いキッチンに食器棚を設置するのもためらわれますよね。

そこで、シンク下を活用した食器収納術をご紹介します。
シンク下のスペースを活かすことで、無駄なスペースを使うことなく、スッキリとしたキッチンが実現できます。

シンク下の空間を仕切るアイテムを使う

シンク下の空間を最大限に使うために、仕切るアイテムを活用します。
そうすることで、せっかくのスペースを無断することなく収納することが可能になります。

今回は手軽に手に入るアイテムを使った方法をご紹介します。

棚を設置するだけ

百円均一やホームセンターで、シンクの大きさに合った棚を購入して設置します。
そこに食器や鍋などの調理器具を収納することで整理整頓もでき、すっきりさせることができます。

棚を置くことで、二段、三段と高さを無駄にすることなく収納できるので非常におすすめです。
棚の空いたスペースにケースを置いて、調味料や小物類も収納することもできます。

安価で購入できますので、一人暮らしを始めたばかりでも負担なく始められます。
さまざまなタイプや大きさがあるので、必ず、シンクの大きさを確認してから購入するようにする必要があります。

突っ張り棒とケースで仕切って整理整頓

収納術ではおなじみの突っ張り棒を活用した方法です。

シンクの大きさに合わせた突っ張り棒を設置し、シンク下の高さに合わせたケースを載せるだけで、収納場所が生まれます。
同じ大きさごとに収納できるので、使うときに見やすくて便利です。

こちらも食器だけでなく、他のものも収納しやすいので、キッチンを常に整理整頓したい人におすすめです。

まとめ

食器の収納については、形や数の問題で悩んでしまうことも多いと思います。
一人暮らしのお部屋だと収納も限られているので、無駄なくスッキリを収めておきたいものです。
シンク下を最大限に活用することで、整理整頓された使いやすいキッチンに変身させることができます。

ぜひ、皆さんも試してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も合わせてどうぞ