1人暮らしのキッチン収納は壁の有効活用が鍵を握る!

1人暮らしのキッチン収納はスペースが限られているので悩ましいですよね。

置きたいものを使いやすく収納するためには空間の有効活用が鍵を握ります。
「置く」だけでなく「吊るす」も取り入れながら機能的なキッチンを目指していきましょう。

1人暮らしのキッチン収納は「狭さ」との戦い

1人暮らし用のキッチンはとにかく狭いものです。
コンロは1つだし、床はゴミ箱を置くともう足の踏み場がない、シンクの下も鍋を1つ置いたら終了という間取りも珍しくありません。

しかしだからといって諦めるのは早いです。

壁、そして上の空間は狭いキッチンでも手付かずで収納のポテンシャルを持っている場合が多いです。
壁に活路を見出してみましょう。

1人暮らしのキッチン収納はとにかく吊るそう

1人暮らしの狭いキッチン、置いて収納するのが難しいのならばとにかく吊るしてみましょう。

初級者におすすめなのは100円ショップやホームセンターで売っているワイヤーネットです。
これを吸盤やフック、許されるのならば釘や接着剤などで壁に付け、それにS字フックを引っ掻けて調理器具を引っ掻けましょう。
お玉、菜箸、泡だて器、計量カップ、計量スプーン、ザル、鍋敷き、輪ゴム、調理鋏などをぶら下げておけば取り出しやすく、収納も簡単です。

しっかりとワイヤーネットを固定すれば小さ目のフライパン、マグカップなども吊るすことができます。
さらに鉄板を壁にしっかりと摂りつけることが出来れば包丁まで壁収納が可能です。
むき出しのままの包丁を壁にくっつけて収納できるのは自分だけしかキッチンを使わない1人暮らしならではの方法と言えるでしょう。

吊るすだけじゃ満足できない上級者は作り付けの棚にチャレンジしてみましょう。
キッチンの形にもよりますが、壁に棚を取り付けることで吊るすだけでなく置いて収納が可能です。
100円ショップで売っている簡易のものならば小瓶の調味料を置くことが出来ます。
もう少ししっかりとした棚を作ればお皿や鍋などの収納も可能でしょう。

キッチン収納は安全面も忘れないで

キッチンの壁や上の空間を使って収納をするとき、目先の利便性だけを追ってしまいがちですが、安全性について考えるのを忘れてはいけません。

ワイヤーフックや作り付けの棚が落ちてしまったら大惨事です。
ワイヤーフックを付ける時には壁を綺麗な状態にしてから付けると吸着力が強くなります。

またフックを使う場合は耐重量を良くチェックしましょう。

コンロの真上に棚などを作らないことも重要です。

1人暮らしのキッチン収納は空間をフル活用しよう!

使えるスペースの限られている1人暮らしのキッチンは壁や上の空間も活用するとすっきりと収納することができます。

とくにおすすめは壁に吊るすことです。
ワイヤーネットを壁に固定することができればとても便利です。

棚も取り付ければさらに収納能力はアップします。

ただし、くれぐれも安全面には注意しましょう。