たった1つの工夫で狭いキッチンでも収納上手に!

自炊をしたいのに収納がうまくできず、モチベーションが下がってしまうことはありませんか?
一人暮らしの狭いキッチンにはそういう悩みがつきものですよね。

あなたはどのような工夫をしているでしょうか。
たった一つの工夫だけで、狭いキッチンでも上手に収納できるようになります。

この記事では、狭いキッチンの部屋で一人暮らしをしていた筆者が実践した工夫をご紹介します。

狭いキッチンのたった1つの工夫

たった一つの工夫とは、”デッドスペース”(利用しづらく有効活用されていないスペース)を活用することです。

次のようなスペースは絶好の収納場所ですよ。

コンロの後ろやシンクの前の壁

壁は立派な収納スペースです。
さまざまな道具を使い、収納スペースを作ってみてください。

たとえば、突っ張り棒にS字フックをつけたり、吸盤などで壁に取り付けるタイプのグッズを使い、おたまやフライ返しなどよく使う調理器具をつるしておくと取り出しやすく一石二鳥です。

突っ張り棒に板を渡せば、調味料やラップ、ふきんなども置ける収納に早変わり。

頭上の戸棚の真下

自身の頭の上にある空間にも収納スペースを作れますよ。
頭上の戸棚の底の部分に金具を通すだけで簡単に取り付けられるラックがおすすめ。

「戸棚下 ラック」などのワードで検索すると、該当商品がヒットするので探してみてください。
調味料を入れるような棚の形をしたものや、バスケットのようになっているものなどさまざまなので、収納したいものを決めてから形状を選びましょう。
何を入れればいいか分からない場合は、導線を考えてみてください。
その場所にあると便利なものは何でしょうか?

冷蔵庫の横面

冷蔵庫には重要なプリントや出前のチラシを貼るなど、なんとなく使ってしまいがちですが、収納スペースとして活用できます。

ここにおすすめの収納グッズは、磁石で取り付けるタイプのラック。
上述した頭上の戸棚下のラックよりも大きなものなので、収納できるものの幅も広がります。

「冷蔵庫サイドラック マグネット」や「キッチンペーパーホルダー マグネット」というワードで検索してみてください。

商品のキーワードにもなっているように、キッチンペーパーなども取り出しやすく収納できます。

活用できるデッドスペースを探そう

キッチンを探してみると、意外と活用できそうなスペースが多いことに気づくでしょう。
このようなスペースをどんどん活用して、収納に困らない理想的なキッチンを作ってください。