一人暮らしの狭いキッチンの収納はキッチン下が決め手!

狭い一人暮らしのキッチンで大切に収納したい場所は、キッチン下。
「大きな収納スペースはここしかない」という家も多いのではないでしょうか。

今回はそんなキッチン下の収納についてご紹介します。

キッチン下収納のコツ

収納する物を実際に使う場面を思い浮かべ、一番使われる場所の近くに収納しましょう。
導線を意識し、自炊など作業の最中に無駄な動きをしないように収納するのです。

お鍋やお皿など調理器具や食器はコンロ下、水切りネットや掃除道具などはシンク下に入れるのが良さそうと想像できるでしょうか。
導線を意識し無駄な動きをしないよう収納すると、日々のストレスも軽減され、時短にもなりますよ。
たった数秒かもしれませんが「塵も積もれば山となる」です。

それでは収納のタイプ別に収納方法を見ていきましょう。

観音開きタイプの収納

古くからある観音開きタイプの収納におすすめの収納方法はこちらです。

コの字ラック

観音開きタイプの収納は高さがあるので、物をそのまま収納してしまうと上の方に空間ができ、デッドスペースとなってしまいます。
これを防ぐために便利なグッズは「コの字ラック」。
収納スペースを上下に分けられ、スペースを無駄にすることがありません。

奥のものも簡単に引き出せるようカゴに収納

観音開きタイプの収納は高さがあるので、みりんや料理酒、パスタなど背の高い物の収納に最適。
奥行きがありそのまま収納してしまうと奥にあるものが取り出しづらくなってしまいますが、カゴに入れて収納すると簡単に引き出せるようになり便利ですよ。

シンク下は水道管が通っていて奥行きが均一でないため、収納がしづらいという声もあります。
しかしカゴに入れて収納するなら、奥行きのサイズに合わせてカゴを選べば良いだけなのでこのようなお悩みの解決になります。

引き出しタイプの収納

最近キッチン下の収納は引き出しタイプが増えています。
ここからは引き出しタイプの収納方法をご紹介します。

食器・調理器具を立てて収納

引き出しに食器を収納すると食器棚を買う必要がなくなり、お金もスペースも節約できます。
このときのコツは、「立てて収納する」こと。

このためにおすすめの収納グッズはマガジンラック。
100円ショップでも買え、安価に手に入るし、収納も簡単です。

一般的に食器類は重ねて収納してしまいがちですが、そうすると下のものが取り出しづらくなります。
また、立てて収納することで、持ち物の量の把握がしやすくなるという利点もあります。
どんなものをどれだけの量持っているのか、分かっていた方が理想の収納に近づきますよ。

今回の記事では、一人暮らしのキッチン下の収納方法をご紹介しました。
必要な場所には便利グッズを取り入れつつ、快適なキッチンを作ってくださいね。

こちらの記事も合わせてどうぞ