【1kキッチン】食器はどこに収納すればいいの?おすすめのキッチンレイアウト

初めての一人暮らしの間取りで人気があるのは1kですが、キッチンスペースの狭さには悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
また、間取り的にも、キッチンは玄関とリビングをつなぐ廊下に配置されているので、玄関を開けた瞬間キッチンが丸見えになってしまいます。

狭いキッチンの収納には工夫が必要です。
特に散らかりやすいキッチン小物や食器類は、自炊をあまりしない人でも最低限は必要なので、散らかるからといって捨てるわけにはいきませんよね。
狭いキッチンをスッキリ見せるために気をつけることや、収納場所の確保など、もともと収納も少ない1kキッチンでも快適に過ごせる方法をお伝えしていきます。

狭いキッチンをスッキリ見せるために気をつけたい3つのこと

食器やキッチン用品の色と雰囲気を統一する

キッチン用品や食器類は毎日使うものなので、特に散らかりやすいです。
形もまちまちなので、収納にも一苦労しますね。

食器に関しては、色を揃えるだけで統一感が出て、収納していなくてもスッキリ感がアップします。
デザインもできるだけシンプルなものを選ぶようにしましょう。

また、出しっぱなしにすることが多いキッチン用品は、色の統一だけでなく、できるだけおしゃれなものや可愛いものを選ぶと、そのまま見せる収納になります。
友達や彼氏が急に来て、収納が間に合わない時も安心ですね。

使える場所はどこでも使う

隙間があれば隙間収納、フックをかけるところがあれば吊り下げ収納、突っ張り棒が使える空間があれば新たに棚を設置したり…と、使える場所があれば使い切ることが1kキッチン収納を増やす第一歩です。
なので、使える場所は、例え壁でも見逃さないようにしましょう。
冷蔵庫の扉や側面、キッチン周りのマグネットを使えそうな壁は、マグネット付きのおしゃれなスパイスケースを取り付けられます。
スパイスだけでなく、小物の整理にも役立ちますよ。

もともとスペースがないので、買いだめはしない方が良いです。
買いだめしたとしても、今使っているものがなくなった時のための予備分までにしましょう。
最近では24時間営業のコンビニでも生活用品の取り扱いはありますし、なくなってもいつでも買いに行くことができます。
一人暮らし中にたくさん買いだめするメリットは、あまりないのではないでしょうか。

これだけ気をつけるだけでも、スッキリ感は増しますが、収納場所自体が少ないので、そこはなんとかしなければなりませんね。
収納力大幅アップする道具としては食器棚がありますが、次はこの食器棚の置き場を工夫してみましょう。

1kの間取りに食器棚を置く方法

食器棚はキッチンに置くもの、と思っていませんか?
確かに、キッチンに置くことができれば、料理ができたらすぐに使えますし便利ですね。

でも、1kの部屋の間取りは全体的にコンパクトです。
キッチンに食器棚を置く余裕がない、という問題はしばしば起こります。
そこで、食器棚をリビングに置くという方法をおすすめします。
1kの間取りはキッチンからリビングがとても近いので、さほど不便さはありません。

一つだけ注意したいのは、リビングの色や雰囲気に合った食器棚を選ぶことです。
一人暮らし分の食器の数はそれほど多くないので、高さが低く小さめの圧迫感のないものを選ぶと良いでしょう。

自分のキッチンに合う食器棚を見つけよう

食器棚選びは引っ越し後がおすすめ

できれば引っ越し後、少し生活をしてからの食器棚購入がおすすめです。
自分にはどのくらいの食器が必要なのかが分かってから、食器棚の大きさを選びます。

また、どうしても食器棚をリビングには置きたくないという人は、キッチンの中で食器棚に使えるスペースを確保してからピッタリなものを選びましょう。

市販品になければカラボを使ってプチDIY!※

一生懸命探しても、市販品にはピッタリなものがない!という人は、DIYもおすすめですよ。
「DIYなんてやったことないし、私には難しそう…。」と思う人も是非試して欲しいのが、カラーボックスを使った食器棚作りです。
費用も手間も少なめで初心者向けの簡単プチDIYですが、結構優れものです。
食器棚の上は作業台としても使えるので一石二鳥ですね。

※参考…CHINTAI情報局「狭いキッチンに調理スペースや収納棚を! カラーボックスで作るキッチンカウンター」https://www.chintai.net/news/2018/04/17/21556/

まとめ

食器棚置き場はどこにするか、イメージしやすくなったのではないでしょうか?
収納が少ない1kキッチンでは、場所をとるとはいえ、収納力を大幅アップさせる食器棚はできるだけ設置したい家具でしたね。

また、キッチンにおけない場合はリビングに置くことも検討してみてくださいね。
形や色、雰囲気を合わせれば、リビングに置いても違和感はほとんどありません。
むしろ収納力が増えて部屋が使いやすくなりますし、メリットの方が多いですよ。

狭いキッチンで使いにくいと思っている人は、プチDIYも含め、是非今日のおすすめを試してみてくださいね。
工夫をすると、すぐに効果が実感できるのは狭いキッチンのメリットでもあります。
大切な一人暮らし空間を、キッチンからお気に入りに変えていきましょう!

こちらの記事も合わせてどうぞ