ワンルームのキッチン収納は拘りを捨てて工夫しよう!

ワンルームのキッチンとくれば次につづく言葉は「狭い」。

コンロは1つ、洗い場も激セマ、まな板を置くのが精いっぱい、シンクの下もほとんどない、そんな空間で機能的な収納をするにはどうしたらいいのかについて紹介します。

ワンルームのキッチンの収納は空間の拡張がポイント

ワンルームのキッチンはとにかく狭いものです。
しかし、工夫次第で収納スペースを拡張することは可能です。

コンロの奥にスチールのラックを置いてみましょう。
コンロが1つしかないけれど、鍋を2つ使って調理をしたいときにとても便利です。
スチールは耐熱性があるので、ちょっと鍋を置いておくことが出来ます。

100円ショップの突っ張り棒やワイヤーネット、フック、S字フックなどを活用すれば「吊り下げる収納」も簡単にできます。
ただし、100円ショップや自作の棚は強度に注意しましょう。

もしも作り付けのシェルフがあるのならば利用しない手はありません。
強度がしっかりしているのでS字フックなどを使えば大き目の鍋も吊り下げることが出来ます。

さらに見落としがちなのが冷蔵庫です。
掲示板にしてしまうのもいいですが、マグネットを使えばサランサップ、アルミホイル、キッチンペーパー、タイマーなど様々なものを収納することができます。

キッチンから離れて収納したっていいじゃない。1人暮らしだもの

キッチン用品は絶対にキッチンに収納しなければならないと言う決まりはありません。
1人暮らしなのですから、何処に何を仕舞ったとしても文句を言われる筋合いはありません。
キッチンとリビングの仕切りがないワンルームだからこそ、キッチン用品をリビング側に収納したっていいのです。

毎日炊飯をするのではないのならば炊飯器や米びつなどはキッチンに置かなくても不便をかんじないでしょう。
ゴミ箱も生ごみ以外はリビングと共用でも問題ありません。
キッチンペーパーやアルミホイル、サランラップ、洗剤などのストックも洗面用品と同じ場所に収納しておいても不自然ではないでしょう。

ワンルームキッチンの収納はこだわりをすてて工夫をしよう

ワンルームのキッチンの収納を成功させる秘訣はこだわりを捨てることです。
フックやラック、マグネットなどを活用すれば収納空間を拡張できます。

それでもキッチンに納まりきらないのならリビングスペースに活路を見出してもいいのです。
常識や実家のやり方に縛られ過ぎずに快適収納を目指しましょう。