一人暮らしの調味料置き場は隙間収納を活用!

せっかくの一人暮らし。
今まで見たことのないスパイスを入れてルーを使わないカレーを作ったり、名前も聞いたことのない調味料を入れておしゃれな料理を作ったり、塩にこだわって何種類も揃えて味を比べてみたり、そんな想像をしたことはありませんか?

それなのに、キッチンが狭くて調味料を置く場所がない!
これではせっかくのやる気が萎えてしまいますよね…。

この記事では、狭いキッチンの家で一人暮らしの経験がある筆者が、調味料の収納方法をご紹介します。

シンク下収納の扉を活用

シンク下の収納部分の扉は立派な収納場所です。
ここを活用すれば、さまざまな調味料が置けるようになりますよ。

扉にワイヤーネットを取り付け、調味料を入れるためのかごを引っかけましょう。
ワイヤーネットなどは100円ショップでも販売されていて、安価に収納場所を作れます。

もっと良いものを用意したいという場合でも、まずは値段の低いもので使い心地を試すことをおすすめ。
この方法が自分に合うと分かってから自分好みのデザインのものをさがしてみてはいかがでしょうか。

隙間用の細いワゴンを活用

冷蔵庫と食器棚の間、コンロと壁の間など、細い隙間が空いている場所はありませんか?
そのスペースは収納に活用できるので、見逃さないでください。

この隙間を活用するためには、隙間用の細いワゴンがおすすめ。
「スリムワゴン」や「隙間ワゴン」などという名称で商品が販売されています。
必ずキャスターがついていて、出し入れできるものを選んでくださいね。
それでなければ、奥に入れたものを出せません。
このワゴンは、小さいものでも2~3段になっているので、調味料だけでなくラップなどいろいろなものを収納できますよ。

頭上の戸棚を活用

下だけでなく、頭上のスペースも収納に活用できますよ。
ここで活躍するのは「吊り戸棚バスケット」。
頭上の戸棚の底の部分に引っかけ、バスケットをぶら下げるようなかたちにして収納します。
ネジやクギなどを使わず、ワンタッチで付け外しができて便利。

この方法だと、ドアを開けたりワゴンを引き出したりという動きを挟まず、欲しいものを直接取り出せるのがメリットです。
サイズはメーカーによって異なるので、キッチンに合ったものを選んでください。
1,000円ほどで買えますよ。

冷蔵庫の横面を活用

重要なプリントや出前のチラシなどを貼ってしまいがちな冷蔵庫ですが、横の面も収納スペースになるのでどんどん活用しましょう。
ここで役立つグッズがあります。

マグネットで設置するタイプのラックです。
「冷蔵庫サイドラック マグネット」や「キッチンペーパーホルダー マグネット」などの名称で販売されています。
こまごまとした調味料のほか、ふきんやラップなども一緒に収納できますね。

みりんやお酒などの大きなものはシンク下に

みりんやお酒などの背の高いものはシンク下に収納するのがおすすめです。
定位置を決めておけば、必要な時にいちいち探す手間が省けます。

また、奥に収納したものも引き出しやすいようにするため、シンク下に直接置くのではなく、カゴに入れてから収納すると便利ですよ。

まとめ

調味料の収納について、デッドスペースの活用を中心にご紹介しました。

気になる方法はありましたか?
いろいろ試してあなたにぴったりの収納方法を見つけてくださいね。

こちらの記事も合わせてどうぞ